とりあえずやってみよう、そんな毎日

気が向いたときにつらつらと更新していく、 フリーダムなスタイルでお送りするブログ

Googleの面白技ページを紹介

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、プログラムを使ってLINEでいろいろできる、というお話をしました。


今回は、皆さんもよく使われている(と思う)Googleですが、
面白い小技が紹介されているページを見つけましたので紹介します。

■life hacker より 「Googleの意外な使い方10選」
こちらからどうぞ

最後の「ハリーポッターの小技」については、
Androidのスマホやタブレットに対して音声認識でできてたような気がします。

ゲームが遊べる、といった類のものが多いので、
遊びすぎ&仕事場で試して怒られてしまう、などには注意してくださいね 笑


今回はここまで。
どうでもいい、といえばどうでもいい技なんですが、
使いこなせてる感出てきませんか? 笑


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回をおたのしみに~


スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情報セキュリティの参考情報

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、今ピューターやプログラムなどでよく言われる「バグ」についてお話をしました。


今回は、情報セキュリティの参考になる情報を見つけましたので紹介します。

ネットで情報収集をしてわかったことですが、

内閣サイバーセキュリティセンターというものがありまして、

情報セキュリティハンドブックというものが
無料で配布されているらしい

です。

情報元: ITPro より 「移植の経歴が移植のセキュリティコンテンツを作る」
こちらからどうぞ

情報セキュリティハンドブックの入手は、こちらからどうぞ~

自分も時間を見つけて読んでみようと思います 汗


今回はここまで。

ITやプログラムの技術などに関しては、不思議なもので、
有用な情報が無料で手に入ることが度々あるんですよね。
こういうのって本当、助かります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回を楽しみに~

  1. 2017/06/27(火) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンピューターの面倒くささ その1 覚えてくれない

どーもどーも!
JUN-GOです。

配信が遅れてしまってごめんなさい・・・・・・

前回の記事では、C言語というプログラミング言語を例に出して、
プログラムって難しそうに見えるけれど、意外と簡単だよ~

というお話をしました。
とはいえ、プログラムをするにあたり、
コンピューターにはコンピューターなりの面倒くささがあるんですよね。


今回は、その一つについて説明します。


その面倒くささ、というのはコンピューターというのは基本的に、
「さっきやったこと」を覚えていてくれません

例えば、プログラムを書くにあたって、
計算した結果を再利用させたいケースがあったとします。

例えば、プログラムで↓のことがやりたかったとします。
  1 2+3を計算して、画面に表示してね。
  2 さっき計算した数字に5を足して表示してね。

これ、実はプログラムでできないんですよね。

コンピュータ的には
(^ρ^)<サッキノケイサンッテナァニー?

といったところなんでしょうか。
オバカさんでかわいいですよね、コノコノ~(コンピュータを強くたたく音

という寸劇は置いておいて、(やっておいて今更 笑
プログラムでは、「変数」というというものを使って、
計算結果などを覚えてもらう必要があります。

さっき説明したことをやりたい場合、
下記のように書けばよい、ということになります。
  1 変数で 「計算結果」 を用意してね。
  2 「計算結果」 として2+3を計算して、覚えておいてね。
  3 「計算結果」 を画面に表示してね。
  4 「計算結果」 に5を足して覚えておいてね。
  5 「計算結果」 を画面に表示してね。

そうしたら、コンピューターは
(^o^)<ワカッタヨー
・・・・・
(^o^)<オワッタヨー

という感じでやってくれたりします。
かわいいやつですよねー(なでなで

という感じで操ってやる必要があるわけなんですよね。



今回はこの辺で。
次回はまた別の面倒くささについて話をしてみましょうか 笑
コンピュータが憎らしくもかわいらしく見えてきたら、
プログラムがわかりだしてきた、という感じです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回をお楽しみに~

  1. 2017/06/17(土) 16:12:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンピュータや用語を理解するための情報2つ!

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、小学校くらいの子供からでもとっつきやすい入門書について説明をしました。


今回は、コンピューターの仕組みがわかりやすい本と、
時々ネットに出てくるけど意味がよくわかってないコンピュータ用語を漫画で解説してくれるwebページを紹介したいと思います。

■なるほどわかった コンピュータとプログラミング

↓こんな本です


コンピューターとプログラムの仕組みが絵本のような形式で紹介されています。
小さい子向けの絵本のような趣ですが、内容が難しいので、小さい子にはおすすめできませんね 笑


■漫画でわかるプログラミング用語辞典
http://codezine.jp/article/corner/452

いまさら聞けない、というわけではありませんが、
時々聞くけど意味がいまいちよく変わってないコンピュータ用語が漫画でわかりやすく解説されているwebページです。
1つにつき5分程度あれば読み終えられる内容で、わかりやすいです。
単語にちなんだオチもついてるので、面白いですよ。



今回はこの辺で。
コンピューターの仕組みがわかると、プログラムの理解がとてもはかどるので、
ほかにもおすすめできそうな情報があれば紹介していきたいと思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回をお楽しみに~

  1. 2017/06/07(水) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プログラミング教育必修化のニュースから思うこと その2

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、
話題になって久しいプログラミング教育必修化のニュースについて思っていることを書きました。


今回は、その続きです。

プログラミング教育必修化は反対、という意見を出しました。
(今の学校教育のシステム上プログラミングに対してアレルギーを起こす人が増えるだけなのが見えているため)


とは言いつつも、この動きを受けて、プログラミングを楽しく学んでもらおう、興味を持ってもらおう
という動きも出てきていているのも確かにあります。

ソニーからこんなオモチャが出るという話であったり、
プログラム入門がしやすい学習用ソフトウエアが制作されてりして、学ぶための環境がと乗っていることなど、
プログラム必修化を受けて、いい動きが出ている例があります。

必修化ではなく、選択科目として興味を持った子供たちを対象に教えていく、という形であれば賛成です。
もしくは、プログラムに興味を持ってもらおうという意欲のある人が先生として教えてくれるとか。
そうですね・・・・・・例えば自分みたいな?(自分で言ってるし!


まとめると、英語の授業が必修化になっているような要領で展開し、
「プログラム言語を知っている」レベルの人を教師にあてがう程度の対応なら反対。

選択科目として、興味のある子供だけ授業を受ける形にする。
もしくは、プログラムの面白さを伝えてからやり方を学ぶ、だとか、
プログラムを教える意欲のある先生をつける、という対応で導入されるなら賛成。

というところです。(結局どっちなんだ・・・・・・


ただ、プログラムに興味を持ってもらえるきっかけが増える、というところは個人的に歓迎です。
JUN-GO自身、プログラムを学んだことをきっかけに「学ぶことの楽しさ」に気づきました。

ほかの人もそうなるか?というところは保証しかねますが、
プログラムの勉強をきっかけに「学ぶことの楽しさ」に気づく人たちが増えてくれるというのはうれしい限りです。

あ、でも授業を受けたこともたちが立派なプログラマになって自分の仕事を奪っていくのは困りますが 笑


皆さんも、興味があればプログラムを学んでみることをお勧めします。
もちろん、興味がなくてもおすすめです。


長くまとまりのない文章になってしまいましたが、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


次回、内容は特にきめてません(焦

次回をお楽しみに~

  1. 2017/06/03(土) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロフィール (2)
会社で聞いたタメになるコト (2)
最近ふと思うこと (3)
プログラミングとかとか (23)
コンピュータの話 (17)
雑談 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する