とりあえずやってみよう、そんな毎日

気が向いたときにつらつらと更新していく、 フリーダムなスタイルでお送りするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プログラミングを勉強するときに気を付けたいこと

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、コールセンターの電話対応の流れを例にとって、「プログラミングのキモ」について説明をしました。


ここまできて、「プログラミング言語を学んでみよう!」という気持ちになった方はあまり多くないと思いますが(ダメじゃん・・・・

「もうすでに勉強しているよ!」「これから勉強しようとしているよ!」という方々に向けて、
注意してほしいことについて書いておきます。


それはズバリ複数の言語を平行して同時に勉強しないことです。

なぜかというと、プログラムの本質的な部分はどれも一緒で、
言語の違いというのは、細かい機能の違いや書き方の違いがおおいからです。
#いわゆる、自転車や三輪車、バイクの違いみたいなものです

なので、一つの言語を覚えてしまえば、あとは言語の差を覚えてしまうだけでいい。

逆に、同時に複数の言語を同時に覚えようとすると、
言語の違いの部分に気を取られ、本質的な部分に注意が向かなくなります。
#プログラムの書き方がわかってもプログラムがかけるようにはならない、というのは以前に話した通りです。

上記の自転車の例でいうと、三輪車と自転車、バイクを同時に練習するような話です。
#三輪車は練習なしでも乗れるので、どうでもいいんですが 笑

普通に考えてみると、「自転車を乗れるようになってからバイクの練習しようよ・・・・・・・」といいたくなりませんか?

ですが、コンピュータ言語においては上記の要領の違いであることが認知されていないのか、意外とある話なんですよ。

コンピュータ専門学校のカリキュラムでは、
保険のためなのか複数の言語を同時に習得させようとするカリキュラムをちらほらと見かけます。
#逆効果なんだけどなぁ・・・・・とは常々思っているのですが・・・・・・


というわけで、プログラム言語を学ぶ上では、複数の言語の同時進行はできるだけ避けてくださいね。
という話をしました。

プログラム言語を勉強していて躓き、「自分にはムリー!」と投げてしまう理由はまだほかにもありますが、
上記に気を付けるだけで、わけがわからなくなって挫折する理由は減ると思います。

また、かつてプログラミング言語を勉強された方で、
「こういう理由で挫折したんだよね~」という意見を持っている方がいればコメントいただけると嬉しいです。
うまく説明できそうなものであれば記事にして、説明を試みたいと思います。


今回はここまで。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次回は・・・・・何を話しましょうかね・・・・・ 汗

次回をお楽しみに~
スポンサーサイト
  1. 2017/05/24(水) 00:00:00|
  2. プログラミングとかとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プログラムを勉強するときに、おすすめしておきたい事 | ホーム | プログラムを学ぶ上でのキモ その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyashicurry.blog106.fc2.com/tb.php/21-1ff4ff09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロフィール (2)
会社で聞いたタメになるコト (2)
最近ふと思うこと (3)
プログラミングとかとか (23)
コンピュータの話 (17)
雑談 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。