とりあえずやってみよう、そんな毎日

気が向いたときにつらつらと更新していく、 フリーダムなスタイルでお送りするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンピューターの世界が変化し続けるワケ

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、目まぐるしく変化し進化を遂げていくコンピュータの世界でも、
本質的な部分は変わっていないというお話をしました。

今回は、逆の話をしていきます。


コンピューターの世界の本質的な部分は長く変わっていないのに、なぜ変化し続けているのか、というところです。

それは、
コンピューターの技術の進歩によってできることが増え、
その増えたできることによってさらにできることが増えるため
だからなのです。


上の表現が言葉遊びっぽくなってしまったので、具体例を出して説明していきましょう。(困


例えば、インターネット技術を例にするとわかりやすいと思います。

以前はインターネットのスピードが遅いのはもちろんのこと、コンピューターの処理能力も高くはなかったので、
インターネット黎明の頃の目的というのは、主に文章ベースの情報交換や共有でした。
電子メールや文字だけのWEBページ、ブログと考えてもらうとわかると思います。
#遠隔で情報をやり取りできるというだけでも、当時にしてみれば大変すごいことだったわけです。

徐々にインターネットの回線が早くなり、コンピューターの処理速度が速くなりました。
速度が遅いため文章ベースでしかまともにやり取りできなかったものが、
絵を多用した表示ができるようになり、動画がやり取りできるようになり、画質もがり、
今となってはインターネット越しの生中継さえできるようになりました。

そして、無線通信の技術も進化し、wi-fi 等に代表される無線インターネットが実現し、
いろんな機器がインターネットに接続できるようになりました。
それによって家にいながら自宅の気温やペットの様子などをウォッチしたり、
スマートフォンの操作一つで部屋の電器やエアコンのON、OFFなども実現可能になってきました。
#スマートハウスというやつですね
これが Iot と呼ばれるものです。

それらが発信する情報を大量に保持することもできるようになり、
それらを集計し、いろんな角度の分析が可能になりました。
これがビッグデータと呼ばれるものです。
毎日の消費カロリーや睡眠時間などを記録して健康増進に役立てるというのがわかりやすいイメージです。

そして、ビッグデータや Iot などを駆使して、またさらにできることが増え・・・・・・
というようなサイクルでできることがどんどんと増えていっています。

もちろん、プログラミング言語やコンピューターを構成する部品、
それらの開発技術も進歩し続けています。

それによってもまたできることが増え・・・・・・・ということです。

それらの相乗効果により、コンピューターの世界は広く深く進化し続けているわけなんです。

もしかしたら、今では夢物語やSFとして扱われているものでも、
数十年後には技術の進歩によって可能になっているかもしれません。


今回はここまで。
長い&まとまりがない感がありますが、理解してもらえたらうれしいです (苦

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


次回をお楽しみに~


スポンサーサイト
  1. 2017/05/27(土) 22:57:06|
  2. コンピュータの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<面倒くさがり屋はプログラマ向き | ホーム | コンピュータ技術が発達しても変わらないもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyashicurry.blog106.fc2.com/tb.php/34-55a8d055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロフィール (2)
会社で聞いたタメになるコト (2)
最近ふと思うこと (3)
プログラミングとかとか (23)
コンピュータの話 (17)
雑談 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。