とりあえずやってみよう、そんな毎日

気が向いたときにつらつらと更新していく、 フリーダムなスタイルでお送りするブログ

今の時代、コンピューターに無知なオトナじゃいられない

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、IT企業のオシゴトについて覗ける漫画とWEBコミックを紹介しました。
ちょっとだけ言わせてもらうと、プログラマ=ブラックではないので、気を付けてくださいね 苦笑


さて、今回はネットでニュースを見ていてギョッとしたことがあったので紹介したいと思います。

■ブログ「こばさんのwakwak 山歩き」 より 
身代金ウィルスで逮捕された中学生は無罪、神奈川県警による冤罪だ

一度、上のリンクの記事を読んでもらいたいな、と思うのですが、
概要をサックリとさらうと、暗号化ソフトを改造したものを中学生がランサムウェアと勘違いし、
「ランサムウェアを作った」としてSNSに投稿したので逮捕、ということのようです。

で、何がギョッとしたのかというと、

  ・配布したのは実はウイルスに該当するものではなかった
   (報道の方も勘違いしているというところがまたイタい)

  ・上の理由から無実なはずなのに犯罪として立件されてしまった事

  ・当人は最初容疑を否認していたが、取り調べの過程で容疑を認めたこと
   (裏で何があったのか、ってことです)

  ・逮捕した神奈川県警が何度も誤認逮捕をやらかしていること
   (要は、蓋を開けると誤認逮捕だったという可能性が高い)

ということです。

下手をすると、「警察側の無知による誤認逮捕&強引な取り調べによって有罪に持ち込まれた」
という真相だった、で片付きそうなのが怖いと感じたのです。

しかもこれ、逮捕した側はサイバー犯罪対策部隊だったりするんですよ。
専門家が専門分野について無知って、シャレにならないじゃないですか?
(詳しい人がいないとか、研修の環境が整ってないとか、事情はあるでしょうがソレとコレとは話は別です)

例えていうと、あるバス会社の運転手がみんな無免許!
みたいなレベルのありえない(ありえちゃイケナイ)話なんです。


今回紹介したブログの記事がこの件について詳しい人で、
記事を投稿、発信してくれたからまだ少しはマシであるものの・・・・・・・・・
無実な中学生が犯罪者に仕立てられたという悲劇が起こってしまったのです。

ほかの方の多くもそうだと思いますが、
自分は「警察に逮捕されたから悪い人」と思ってしまいがちです。
その認識をいちいち疑って調べてられませんし・・・・・・


こういった誤認逮捕(もちろん強引な捜査&取り調べも!)なくなってほしいなぁ。
と願ってやみません。
そうでなければ、今回のようなサイバー犯罪と呼ばれる部類について、
できるだけ多くの人が「イヤイヤ、それ違うでしょ!」
と突っ込めるレベルの社会であってほしいなぁと思います。



今回はこの辺で。

自分の認識に間違いがあったり、
感情的なバイアスがかかって事実の認識が歪んでいるかもしれないので、
この記事だけを見て判断するのは避けてほしいです 汗


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回をお楽しみに~

スポンサーサイト
  1. 2017/06/09(金) 09:00:00|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プログラマあるあるな単語集見つけました(笑 | ホーム | IT企業の仕事風景が覗ける?漫画などなど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyashicurry.blog106.fc2.com/tb.php/45-d9616fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロフィール (2)
会社で聞いたタメになるコト (2)
最近ふと思うこと (3)
プログラミングとかとか (23)
コンピュータの話 (17)
雑談 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する