とりあえずやってみよう、そんな毎日

気が向いたときにつらつらと更新していく、 フリーダムなスタイルでお送りするブログ

プログラミングのだいご味

どーもどーも!
JUN-GOです。

今回もまた配信が遅くなってしまってごめんなさい 汗


前回の記事では、興味がないことの面白さを見つけるヒントについてお話しました。


今回は、プログラムの面白さについて話をしようと思います。

最初のうち、規模の小さいプログラムなどを作っているうちは、
そんなに面白味を感じられないかもしれません。

ですが、ある程度プログラムが書けるようになり、
ハードウエアの制御ができるようになると、ガゼン面白くなりだします。

なぜか。


自分がモノに命を吹き込んでいるような感覚を
感じられるようになるからです。


ロボット制御だと、ソフトウェアなどを使ってプログラムをロボットに書き込むまでは、
ウンともスンとも言いません。

ですが、自分なりに動きの手順を組んで、プログラムをロボットに転送して、
それが自分のプログラムした通りに動きだした時に


自分が魔法使いになった気分


になります。
これは本当に楽しいです。

余談ですが、外国では優れたプログラマのことを魔法使い(ウィザード)と呼ぶこともあるそうです。
テレビゲームやアニメなど、「魔法使い」という言葉にあこがれを持っている方も少なくないのでは?
プログラマなら、コンピューターやハードウエアの組み合わせで、

あたかも魔法のようなことができる

んですよ。
(強調してしまいました 笑)


お値段は張りますが、下記のようなキットもいくつか売っているので、
命を吹き込む楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。
夏休みの工作や自由研究にもよさそうです。

エレキット MR-005 光センサー・プログラミングカー MR-005

↓こんなのです。



ハンダつけなどの作業が必要になりますが、3千円程度で始められます。
IconWorks というソフトがついていて、ブロックを並べるだけでプログラムが作れるので、
入門しやすいです。
※ただし、上のプログラミングカーを制御するための専用ソフトなので、ほかの応用はできません、あしからず。

以前に紹介したIchigoJamなども楽しいと思います。
自分でプログラムを書いて、画面に出てきたときには感動すると思います。

それと、さっき思い出したのですが、Nintendo 3DSを持っている方は、「プチコン」もおすすめです。
元がゲーム機なので、こっちの方がとっつきやすいかもですね 汗


今回はこの辺で。
紹介が多くなってしまいました。
どっかの回し者・・・・・ではありませんよ? 汗


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回をお楽しみに~

スポンサーサイト
  1. 2017/06/13(火) 22:29:24|
  2. プログラミングとかとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プログラミングのだいご味 その2 | ホーム | 興味がないコトに興味を持つためのコツ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyashicurry.blog106.fc2.com/tb.php/49-09093052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロフィール (2)
会社で聞いたタメになるコト (2)
最近ふと思うこと (3)
プログラミングとかとか (23)
コンピュータの話 (17)
雑談 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する