とりあえずやってみよう、そんな毎日

気が向いたときにつらつらと更新していく、 フリーダムなスタイルでお送りするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プログラムを書く上で気を付けたい事「見やすく、わかりやすく」

どーもどーも!
JUN-GOです。

前回の記事では、プログラムは何度も書き直すものです、という話をしました。


今回はまた、プログラムを書く上で気を付けたい事のお話。
プログラムが書けない人は、「こういう心構えでやるもんなんだな~」程度に認識してもらえればと。

プログラムというのは、何度も書き直す性質のものです。
だから、

プログラムの見やすさ、わかりやすさで
書き直しやすさが格段に変わる


のです。

このあたりは、学校の授業で取ったのーとを思い返してもらうといいかもしれません。
(え、ノートをとっていない?そんな人は先生が黒板に書いていることを思い出しましょう 笑)

ノートや黒板のスペースが少なくなって、詰め込むように書かれたような書き方をされたり、
文字の書き方が汚くて、何と書いてあるかわからないと、
復習もはかどりませんよね 笑

これが勉強だったら、おっきな丸(※)をもらって終わる話ですが、
プログラムだとこうは行きません。
※0点のことです 爆笑


プログラム、というのは、コンピューターに対して、
「こういう順番で、こういうことをしてね」
と書いたマニュアルのようなものなんです。

ということは、プログラムを読んで、
コンピューターがどのように動いているかを
把握しないといけない

んですよ。

バグが見つかったり、機能追加や修正をする必要があったときに、
「何と書いてあるかわかりづらい」なら、まだ時間がかかるだけで済むのですが、
「何と書いてあるかわからない」となると最悪です。
もはや、作り直すしかありません。

個人レベルなら、まだやってもいいですが、
会社で・・・・となると、数千万~数億円レベルの損害になります、考えられません。
意地でも読み解かなければいけなくなるわけなんです。

この苦痛ったらもう、「文字がぎっちり詰まった小説を読む」だったり、
「英語を読み解く」レベルに頭を使います。

書き方の工夫一つで、毎回毎回上のような苦痛を味わう必要がなくなります。
やっぱり、わかりやすさ、というのは大事です。


今回はここまで。
うまく伝わったでしょうか・・・・ 汗
また機会があれば、わかりやすく説明していきたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


それではまた!
次回をおたのしみに~

スポンサーサイト
  1. 2017/07/06(木) 09:00:00|
  2. プログラミングとかとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プログラムを考えるうえで気を付けたい事「シンプルに考え解決する」 | ホーム | プログラムを書く上で気を付けたい事「書き直す機会が多々ある」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiyashicurry.blog106.fc2.com/tb.php/72-15df5415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロフィール (2)
会社で聞いたタメになるコト (2)
最近ふと思うこと (3)
プログラミングとかとか (23)
コンピュータの話 (17)
雑談 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。